×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ストレス ニキビ ホルモン

ストレスニキビと女性ホルモンの密接な関係

 

ストレスニキビは女性ホルモンが関与

 

女性の方で悩みの多いストレスニキビですが、ストレスとニキビは切っても切れない関係にあります。そしてそれ以上に、ニキビとホルモンも密接な関係にあります。

 

 

そもそも女性が若い頃にできる思春期ニキビだって、カラダが男性ホルモンの影響を受けて男性ホルモン優位の状態に傾くために、皮脂の分泌が多くなり、オイリーな肌をニキビ菌がエジキにするという構図なのですから、

 

 

いくらストレスが引き金となってできるストレスニキビだと言っても、ニキビとホルモンの関係はしっかりと理解しておかないといけません。

 

 

ストレスニキビの場合は、女性ホルモンの分泌に不具合が生じて発生することが多いようです。

 

 

女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部というところがコントロールしていますから、ストレスで心に負担がかかれば、当然脳の働きにも影響を与えて、女性ホルモンの分泌コントロールにも影響を及ぼしてしまうということは、容易に想像のつくことですよね。

 

 

また、ホルモンバランスの乱れはストレスだけが影響を及ぼすものではなくて、

 

 

  • 偏った食生活
  •  

  • 睡眠不足・昼夜逆転
  •  

  • 運動不足
  •  

  • 無理なダイエット

 

 

なども、女性ホルモンの分泌コントロールに影響を与えて、女性ホルモンのホルモンバランスを狂わせて、ニキビ発生の原因を作ってしまうんです。

 

 

それでは次に、女性ホルモンのホルモンバランスが乱れると、どうしてニキビが発生するのかについて見ていきます。

 

 

ストレスなどで、女性ホルモンの分泌バランスが乱れると、ニキビができやすくなる理由

 

ストレスニキビは女性ホルモンバランスの改善から

 

女性ホルモンというのは大きく分けると

 

  • 卵胞ホルモン (エストロゲン)
  • 黄体ホルモン (プロゲステロン)

 

この二つに分けることができます。

 

 

 

普段私たちのカラダは、この二つの女性ホルモンがバランスよく分泌されることで、カラダの色々な機能を支障なく働かせることに成功しています。

 

それでは、それぞれのホルモンの働きについてご説明します。

 

 

卵胞ホルモン (エストロゲン)

分かりやすく言えば、「女性の美しさ担当ホルモン」 といった感じです。別名 「美肌ホルモン」 とも呼ばれるエストロゲンは、新陳代謝を向上させ、肌に潤いを与え、女性の若々しさを維持する効果に優れています。また、女性らしいカラダ作りにも貢献していて胸のラインを形成する働きなどもあるそうです。

 

 

 

黄体ホルモン (プロゲステロン)

一方こちらのプロゲステロンは、「妊娠・出産担当ホルモン」 と言うのが分かりやすいと思います。プロゲステロンは、妊娠の維持、乳腺の形成など、妊娠に欠かすことのできないホルモンあんんですが、その一方で、皮脂の分泌を促進する働きもあって、これがいわゆる 「ニキビの原因」 になりやすいと考えられています。

 

 

 

女性ホルモンの分泌バランスが崩れて、プロゲステロンの分泌だけが促されると、皮脂の量が増加してしまい、それが毛穴を詰まらせて、ニキビを発生させてしまいます。

 

 

また一方で、エストロゲンの分泌が少なくなるということは、新陳代謝が滞り、肌の潤いも損なわれますから、たとえ皮脂の分泌量が多くなくても、肌は乾燥・敏感肌の方向に傾くことになりますから、それはそれで肌の角質が厚くなる 「乾燥ニキビ」 の原因を作ってしまうことにもなるのです。

 

 

成人した女性が日常感じているカラダの不調は、いろいろな状況下で大人ニキビと因果関係があります。因果関係は、ひとつの場合もあれば、ふたつ以上の要素が複雑に絡み合っている場合もあると思います。

 

 

ただ、その根本にある大きな原因は、やはりこれら女性ホルモンのホルモンバランスの乱れから来ているのだという考え方が、最近では主流のようです。

 

 

ですので、ストレスニキビを含む、大人ニキビでお悩みの方は、どうすれば女性ホルモンのホルモンバランスが乱れないのか? ホルモンバランスを整えるにはどうのようなケアが有効か? などをっじっくり考えてみる必要があると思います。

 

 

先ほど挙げた

 

  • 偏った食生活
  •  

  • 睡眠不足・昼夜逆転
  •  

  • 運動不足
  •  

  • 無理なダイエット

 

これらを改善するだけでも、女性ホルモンの分泌バランスはかなり良くなることと思いますので、心当たりのある方は、実践してみてはいかがでしょう?

 

 

なお、偏った食生活を改善して、ホルモンバランスを整えようとお考えの方は、次に挙げる食品を積極的に摂ることをおすすめします。ビタミンB6、ビタミンE、そして大豆に含まれるイソフラボンはホルモンバランスを整えてくれる栄養素の代表格です。

  • ビタミンB6 … 肉類のレバー、さんま、まぐろ、かつお、にんにく、バナナ、など
  • ビタミンE … アーモンド、落花生、かぼちゃ、モロヘイヤ、うなぎのかば焼き、など
  • イソフラボン … 納豆、豆腐、豆乳、きなこ、などの大豆製品

 

 

そして最後に、日頃のスキンケアから女性ホルモンのホルモンバランスを整えようとお考えの方には、こちらの基礎化粧品をおすすめします。

 

矢印 ラ・ミューテ美肌セット

 

 

化粧品としては珍しい、女性ホルモンのホルモンバランスの乱れに働きかけてくれる化粧品なんですよ。

 

 

購入した方には専属の担当者が付くという徹底したサポート体制が魅力の化粧品です。

 

 

こちらの話題はいかがですか?